この前、わが子の中学校で、三者懇談がありました。次男は、中三ですので、志望校などを聞かれました。

まだ第一回実力テストしか受けていないので、きちんとした成績はわかりません。

ですが、第一回実力テストの結果、我が家から一番近い公立高校には、成績が届きそうにないのですが、二番目に近い高校なら、あと少し成績を伸ばせば届くというかんでした(^^♪

近くの公立高校なら、交通費がかからなくて、学費も安くていいなあと、私は思ってしまうのですが。

最終的に高校を決めるのは次男なので、何とも言えません。

夏休みに部活を引退すれば、高校見学にも行こうと思います。

あとは、夏休みに、しっかりと勉強時間を確保して、成績が上がることを期待しています(^^♪


長男も、高校を選ぶときには、いろいろなことがありました。

長男は、中三の始めに行きたいと決めていた高校がありました。ですが、夏休みに思った以上に成績が上がり、北野高校(大阪府ではトップです)も受けられるよと、担任の先生に言われました。

夏休みはたくさんの問題を解こう    ← 夏休みに成績が上がった理由


そこで、第一志望を北野高校に変えました。そのおかげで、勉強のモチベーションが下がることがなかったように思います。

ですが、秋に両方の高校見学に行き、やっぱりまた迷っていました。中三の始めに行きたいと決めていた高校の方が、自分に合っていると思ったようです。

最後の最後まで迷って、受験する高校を決める日にちが来てしまいました。

どうしても、決められずに、先生に一日だけ、期限を延長してもらうようにお願いしていました。

最終的には、中三の始めに行きたいと決めていた高校に決めました。

なぜそこにしたかというと、相談したお友達に「北野のことを話しているときよりも、○○(今の高校)のことを話しているときの方が、楽しそうやなあ。」と言われたからです。


楽しく高校生活を過ごして、楽しく勉強する。そう決めて、長男は今の高校に決めました。

で、結局、今の生活はどうかというと・・・

勉強と部活中心の生活です。

たまに、「ほかの高校生はみんな、もっと高校生活楽しんでいるんやろうなあ・・・」とも言ってます。

高校生活は、はじけられると思っていたようです。

ですが、進学校は、どこの高校でも、そこそこきちんと成績をとろうと思えば、はじけられないようになっているのですね(+_+)


私は小学生のうちは、思い切り遊んでほしいと思います。中学生になると、部活や定期テストがあり、そこまで遊べなくなります。

高校生になっても、それはずっと続きます。小学生のうちに、いろいろなところにお出かけして、思い切り遊んで、いろんな経験をしてください。それが、中学から勉強をしていくしっかりした土台になると思います。


昨日の勉強

長男 

夏休みの課題図書を読む

「水俣病の科学」 

水俣病の科学 増補版
西村肇
日本評論社
2013-09-09

私も少し読んで見ました。難しい本ですね。少し読んで、分からなくてやめました(+_+)

他のお友達は、課題図書で「天安門事件」の本を読んでいるそうです。そちらの方が難しいと長男は言ってました。
この本では、レポートを書くそうです。夏休みの読書感想文は別の本のようです。


次男

夏休みの宿題数学プリント10枚

         理科問題集 8ページ

いったん習ったところなので、早くすすみます。


三男

夏休みの宿題  応援旗の絵を描く


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


記事が良かったら、ぽちっと押してください。よろしくお願いいたします(^^♪


   にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
   にほんブログ村 

 

 勉強法ランキング